「スケート」カテゴリーアーカイブ

スターの素質満点!本田真凜選手は来季からシニア参戦!

女子フィギュアスケートの本田真凜選手は、ジュニアでありながらも多くの注目を集めている選手です。
何と言っても、妹が有名な子役の本田望結ちゃんということもあり、また本人共に3姉妹で美女軍団と名高いオスカープロモーションに所属しているなど、話題に事欠きません。
しかし、本田選手を有名にしているのはそんな話題性だけではありません。
フィギュアスケート選手として、豊かな才能と確かな実力を備えているからです。

本田選手を一躍有名にしたのは、2015/2016シーズンの世界ジュニア選手権での優勝でした。
このシーズンはジュニア初参戦でしたが、世界ジュニア選手権初出場にもかかわらず見事優勝、金メダルを獲得したのです。
そして迎えた2016/2017のジュニア2シーズン目の今季、世界女王である本田選手が2連覇を目指して選んだプログラムが、ショート「スマイル」とフリーは「ロミオとジュリエット」でした。

ショートの「スマイル」は、豊かな表現力が持ち味の本田選手にぴったりのプログラムです。
一方のフリーの「ロミオとジュリエット」は、これまでも多くのスケーターたちによって演じられてきた曲。
そんなフィギュアスケート王道ともいえる曲目であっても、本田選手ならどんなロミオとジュリエットを演じてくれるのか観てみたい、と思わせるところが本田選手の魅力かもしれません。

シーズン当初のジュニアグランプリシリーズでは、2戦ともに2位で銀メダルを獲得、ファイナルへ進出しました。
その後の全日本ジュニア選手権では、ジャンプが決まらないなど本人としては不満の残る演技となりながらも、自身初の表彰台となる銅メダルを獲得します。
2度目の出場となったジュニアグランプリファイナルでは、移動中の機内で体調不良となりインフルエンザを発症、優勝候補でありながら棄権となりました。
後日の全日本選手権では、その悔しさをぶつける様に総合で4位の好成績を収めます。
試合後「スケートできることが本当に嬉しかった」と語った本田選手の演技からは、スケートへの愛情を強く感じました。

今季は、これまで長い間日本のみならず、世界の女子フィギュアスケート界を牽引してきた浅田真央さんが引退を表明しました。
浅田さんに続くように、村上佳奈さんも国別対抗選手権のエキシビションで現役引退を表明。
当日、ゲストスケーターとして出場していた本田真凜選手と坂本香織選手から、村上佳奈子さんに花束が手渡されました。
その様子を見ていて、ひとつの時代が終わりを告げ、新たな時代の到来を感じました。

ジュニア世界選手権は2連覇ならず銀メダルを獲得しましたが、この悔しさは来季からシニアに参戦する本田選手にとって、大切な課題探しになったのではないかと感じています。
日本女子の平昌オリンピック出場2枠を目指して、本田選手も新しい時代を彩るスケーターのひとりになると信じ応援していきたいと思います。

羽生選手を驚愕させたのは4回転を跳ばないジェイソンブラウン選手だった。

フィギュアスケートの世界選手権終了後、優勝を飾った羽生結弦選手がインタービューでもっと口にした名前はアメリカのジェイソン・ブラウン選手でした。
ジェイソン・ブラウン選手は羽生選手と同じ22歳。四大陸選手権、世界選手権とともにアメリカ代表として出場しています。

彼は、4回転を得意とはしておらず、世界選手権ではショートプログラムには4回転を組み込んでいません。
フリーでは一度トライしましたが転倒しています。

4回転を跳んでいないにも関わらず、ショートプラグラムでは93.10と、パーソナルベストを更新して8位につけました。
フリーでは176.47で7位、総合でも7位に入りました。

いまや、4回転ジャンプを跳ばなくては話にならない時代に、4回転を跳ばないジェイソン・ブラウン選手の得点は羽生選手にとって脅威だったのです。
彼のスケーティングの美しさは定評があり、ファンを魅了しています。

大の親日家で日本語を勉強中、インスタも日本語でコメントを載せてくれます。
競技を引退した後には日本に移住し、子供たちの英語を教えたいと考えているそうです。

ボランティア活動も熱心に行い、遠征の先々で、演技後のファンからプレゼントされるぬいぐるみなどを施設へ寄付しています。
女性的なところがあり、あちらなのかな?と思わせることもあります。

彼はファンからとても愛されており、見ているだけで癒されてしまうのです。
引退後は、日本でアイスショーなどにも出演してほしいと思っています。