「野球」カテゴリーアーカイブ

世界一の遊撃手。ロサンゼルスエンゼルス所属アンドレトンシモンズ選手。

大リーグのロサンゼルスエンゼルスに所属するシモンズ選手をご存知でしょうか?
シモンズ選手は「世界一の遊撃手」と謳われ、世界中から注目を集めている選手です。
彼の選手としての特徴は、高い身体能力から生み出されるアクロバティックな守備に、圧倒的な肩力です。

大学時代は投手ということもあり、球速158kmマークしています。
それにしても、シモンズ選手の肩は球速だけでは表せない凄さがあります。
ノビがあるというのか、158kmの球がショートからファーストまでノンストップで届いているような感じです。

そして、刺殺、捕殺の数が非常に多く、中継プレーの際に放たれるレーザービームが魅力的です。
守備ばかり注目されていますが、打撃も決して悪くなく、2013年には17本塁打をマークしています。
また、5年間の一軍生活で、ゴールドグラブ賞2回、月間最優秀新人1回、フィールディングバイブルアワード4回と多くの表彰を受けています。

シモンズ選手は国際大会にも出場しており2013、2017年とWBCのオランダ代表に選出されています。
多くの方はWBCをご覧になられたかと思いますが、日本VSオランダの試合でこんなシーンがありました。

菊池選手の好プレーに対し、ベンチに居たシモンズ選手が思わず拍手をするシーンです。
私は日本一の守備でおなじみの菊池選手が大リーグに引き抜かれ、もしくはシモンズが日本に移籍し、同じチームになり二遊間を組むことを夢見ています。

飛躍のジンクス。福岡ソフトバンクホークス柳田選手。

柳田選手と言えば、一本足打法を売りにした豪快な打撃、その上俊足強肩でトリプルスリーを達成したことで有名です。
今後の活躍にも十分期待できそうです。
なぜかというと、当然、柳田選手の才能と実力もそうですが、ホークスにはあまり話題にならない隠されたジンクスがあるからです。

それは「ホークスの一本足打者はホームランバッター」というものです。
その元祖と言われる人は、ミスターホークスこと門田博光選手です。
彼は高校卒業後クラレ岡山を経てホークスに入団し、一本足打法を駆使した豪快な打撃で通算本塁打567という凄まじい成績を残し、古き良きパリーグを盛り上げました。

2人目は元福岡ダイエーホークス監督、田淵幸一さんです。
右の一本足打法こと「うねり打法」で通算474本塁打をマークしました。
本塁打王を獲得したのは1度ですが、王貞治さんの連続本塁打王記録を14で阻止したことでも有名です。

そして、3人目は前述にも記した世界の王こと王貞治さんです。
自らが編み出した「一本足打法」で通算868本塁打と目を疑うような、凄まじい記録を打ち立てています。
王さんと田淵さんは、監督としてホークスに在籍していた訳ですが、ホークスOBであることには変わりありません。

こういうジンクスを考えると柳田選手も、歴代ホームランランキングに名を連ねるのではないかと思います。

横浜DeNAベイスターズ期待の新人、濱口遥大投手。

濱口遥大投手は、前年に行われたプロ野球ドラフト会議において「横浜DeNAベイスターズ」から1位指名を受け入団しました。
左腕から繰り出される150キロを超えるストレートとチェンジアップを武器としており、神奈川大学時代から注目を集めていた選手でした。

若手の活躍が目覚ましい横浜DeNAベイスターズにとって、また新たな戦力として期待されています。
オープン戦ではコントロールに多少のばらつきはあるものの、速球と変化球を織り交ぜて試合を作っていました。

その活躍が合格点となり1軍の先発ローテーションを任され、初先発で初勝利とはならなかったものの、プロ2戦目で初勝利を挙げました。
オープン戦のときよりもさらに調子は上がってきているとみられ、4月25日の登板では阪神タイガースを相手に6回までノーヒットに抑えるピッチングを見せました。

この試合で2勝目を挙げ防御率も1.17と、開幕から投手陣がなかなか安定していない今年の横浜DeNAベイスターズにとって明るい存在となりました。
気が早いようですが、このまま順調に勝ち星を伸ばしていくことができれば新人王を見えてくるので、ぜひともチームの勝ち頭となってベイスターズを勢いに乗せてもらいたいと思います。