「家計」カテゴリーアーカイブ

闇金融で借金した末路。返済地獄で風俗で働くことに。。

お金に困っている時に多くの方が頼りにするのがキャッシングなどの借金ですが、その業者が法律を守っているちゃんと信頼できる業者なのか、それとも闇金融の業者なのかをきちんと見極めて解決しておかないと大変なことになってしまいます。
もし闇金融だった場合、そこからお金を借りたことをきっかけにして、返済地獄の人生に落ちてしまうかもしれないのです。
続きを読む 闇金融で借金した末路。返済地獄で風俗で働くことに。。

不動産の評価額を引き下げる相続税対策の方法とは?

現在、日本における大多数の家庭で行われる遺産に関する手続きの内容として、相続財産の多くを占めて中心となっているのは不動産関係です。
財産は、タンス預金や銀行口座などにある現金の場合、課税評価はそのままの金額となり想像できる課税額は分かりやすいものになります。
続きを読む 不動産の評価額を引き下げる相続税対策の方法とは?

重複してしまった漫画は買い取り店で引き取って貰おう!

漫画を集めている際、つい何巻まで購入したか忘れてしまって、同じ巻を重複して購入してしまった経験がある方は少なくないでしょう。
コレクション用として保管しておく場合を除き、家に同じ巻が二冊あっても意味はありません。
このようにうっかり同じ巻を重複して買ってしまった時は、漫画買取店に余分な本を買い取って貰うと良いでしょう。
続きを読む 重複してしまった漫画は買い取り店で引き取って貰おう!

投資信託で稼いだ5年間の利益。

私は投資信託を始めてから5年程経過しましたが、実はここ1.2年の方が利益が低かったりします。
ビギナーズラックというモノなのかそれともただ単に始めた時期が良かったのか、最初の3年くらいはすごく調子がよかったんです。
3年で15万円程の利益が出ました。

ですがその次の年は1年で9000円程で、さらに翌年は11000円程といった感じで一応プラスにはなっていますが、ちょっとギリギリというか、時期によっては大きくマイナスになることもあり精神的にもちょっとキツイかなといった所です。

実は最初の3年というのは銘柄を指定し毎月自動的に購入する積み立てタイプで投資をしていて、投資の知識がほとんどなかったことから日経平均を確認することもなく、ほぼ放置していました。
そしたら思いがけず15万円と大きな利益が出たので、欲が出て投資する金額を増やした途端に日経平均が下がり続けるといった恐ろしい状況になってしまった訳です。

そうなると気になるから毎日日経平均を確認し一喜一憂する日々でした。
そしてマメに売り買いをしてなんとかプラスになるように頑張ったのですが、あれだけ何度も売り買いして1万円前後の利益というのは実に寂しい限りだったりします。
やはり投資信託の積み立ては長期的に購入することを前提にしているから放置の方がいいみたいですね。

二つの平等

資本主義社会の日本ですが、平等を好む方もいます、私も同じ対価を得られるなら与える労働力は平等であって欲しい物ですが、その平等とはどんな物なのでしょうか。
分かり易い例が税金です。
まず平等の税金で思いつくのが消費税ですよね。
消費に関わる全商品(土地や家賃や通院は消費しないので消費税は掛からないのです)を購入した際に全員同じ税率(4/1からは8%)が掛かります、まさにどの商品、誰にでも、の観点で平等ですね。
それともう一つの平等の考えを元に行っている税率があります。
所得税です、これは累進課税制度といわれて収入が多ければ所得税の税率も高くなっていきます。
考えの基準は割合ですね、多く給料を貰っていれば多く払える、少なければ少ない金額しか支払えないという割合的な平等です。
話は戻って労働力の話ですが、アルバイトやパートですと賃金は同じケースの場合が多いです、中には「あの人よりも多く働いているのに給料が同じ」とぼやく人もいますが、そんな時は割合の平等を考えて下さい。
身体能力や知力、行動力など人それぞれの能力は同じではありません、人よりも優れた能力を持った者は人より多く能力を行使して平等なのです。
それを納得して働くしかないですね。
理不尽な事ではなく社会で働くにはこの考えも必要です。