「住まい」カテゴリーアーカイブ

アンクレールの創作人形がブレイクするかも?

大量生産品の人形も決して悪いわけではありませんが、コレクターなら、やはりオリジナルのものが欲しくなりますよね。
いわゆる、作家物とか一点物とかいうジャンルです。
このジャンルは、作家によって作品の値段が大きく違ってくるのが特徴。
有名作家の創作人形ともなると、新車1台分もの価格になると言われています。
続きを読む アンクレールの創作人形がブレイクするかも?

今日も暑い日になりそうです

午前中の家事が終わって、ホッとひと記しているところです。
今日は今から出かけようと思っているので、急いで洗濯機を回し、アイロンがけをして、掃除機をかけて、お昼ご飯の用意をしながら、少し一息。
バタバタと家事を終わらせていましたが、さすがに汗をかいてしまいました。今日も暑くなりそうです。
でも開けっ放しの窓からは心地よい風が吹き込んできてくれて、じっとしていると汗もひいて、居心地よくなってきました。このまま、眠りに落ちてしまいそうな危険もあります。
でも今日は午後から出かけて、早めに帰ってきて、先ほど仕込んだ晩御飯のテリーヌを味わうのが楽しみなので、お昼寝は我慢しないと!
ゆっくりしすぎて、結局出かけられなかったなんて、残念すぎる結果ですものね。
それにどっちにしろお買い物に出かけないと、さきほどトイレットペーパーがきれたので大変。
夜までに購入して帰宅しないと困ったことになりそうです。
普通にスーパーに行くだけになる可能性が高い今日ですが、この心地よい空間から飛び出して、しっかり生活用品プラス私の好きなアイテムを購入してこよう!
眠気に負けるな私!
ということで、今から汗をかいたので軽くシャワーを浴びます。
楽しみだなあ。

ベランダの謎とはちみつ

洗濯物をベランダに干していると、なんだか黄色~茶色っぽい、ごく小さな糞のようなものがついているんです。時々。
ごく小さくて(うちのふりかけに入ってる海苔より小さい←わかりやすいのかわかりづらいのか…)、そんなに汚れも残らないので、あまり気にしてはなかったんですが、これ何の糞だろうかと思いまして。
小鳥にしては小さいんですけど、じゃあ虫?虫の糞ってもっと黒くてころっとしたイメージなんですが。

そんな、「ベランダ 糞 小さい」なんて曖昧な検索でも答えを見つけてくれる、インターネットってすごいなと。辞書大好きですけど、辞書ではこういうの調べられないですから。インターネットの検索方法って奇跡的!と思います。改めて。

で、犯人はというと、なんと蜂でした。そういえば時々飛んでます。ベランダにハーブとか植えてるので、やってくるのでしょうか。
でも蜂ってどこでもやってきてすごいですね~。そんなにたくさんの花があるわけでもないのに。

で、調べてわかったことに満足して、特に対策もしないという。今日も洗濯物に糞が付いています。刺されなかったらまあいいかな~と許せるのは、蜂蜜が好きだからかもしれません。先日もらったナッツの蜂蜜漬けがとっても美味しくて太りそうです。

ゴミ袋を2サイズおとしました

ゴミ出しの日です。
最近、経済的に困窮してしまい、ごみ袋も今までよりも、2サイズ小さいものを使っています。
といっても、2サイズ上のごみ袋はもったいないほどに、容量が余っていたのです。
余裕がありました。
プラスチックのごみも同じです。
2サイズ上のものを使っていました。
今までよりも2サイズ下のものを使ってみると、入らないのかと思いきや、これが結構、はいるのです。
よく、おばあちゃんたちが、ごみをぎゅうぎゅうに詰め込んでいますが、自分も押し込めるだけ押し込んでみると、袋にはいってしまうのです。
となると、今までの無駄使いは何ということでしょう。
もったいないです。
1枚に付、50円も差があります。
1週間に110円づつ差があるとすると、月に440円、大体、500円です。
となると、1年間で、6000円も無駄使いしていました。
なんということでしょう。
それでも、それは、3年間ですみました。
ラッキーです。
前に住んでいたところでは、ごみ袋が指定ではなかったのです。
普通のものでよかったのです。
20000円程度で済みました。
個人的には、お金がかかっても指定ゴミ袋の方が好きです。
その方がきちんとなっている感じがするからです。

なくしたと思っていたけど…

部屋を掃除していると、わたしがいかに忘れっぽくてそそっかしいかよくわかります。
今日は時間があったので、思い切って普段は見て見ないフリをしているベッドの下にまで手を伸ばしてみたのです。
よいしょっと、というオバサンくさい掛け声とともにベッドを移動させてみると、出るわ出るわ、大量の綿ぼこりと一緒にありとあらゆる小物が出てきました。
なくしたと思って封印していたピアスの片割れ、山のようなヘアピン、どこの誰なのかもわからない電話番号をメモした付箋…。
そんなのはまだ可愛いもので、わたしが我ながら驚いたのは毛抜きとライターの数です。
お風呂から上がって寝るまでの間、ムダ毛処理をしていることが多いのですが、翌朝になるとなぜか毛抜きが行方不明…。
結局新しいのを買ってくるということを繰り返していましたが、いくらなんでも5本は出てきすぎだろうと呆れてしまいました。
タバコを吸うわたしはライターもしょっちゅう起き忘れたりなくしたりして、どうせ100円ちょっとだからと出かけるたびに買ってきてしまっていましたが、こちらはたっぷりガスの残ったものが7本も…。
とうぶん毛抜きとライターには不自由することのない生活が送れそうです。