「洋食」カテゴリーアーカイブ

大阪市福島区、ボリューム最大級!「1ポンドのステーキハンバーグ タケル」。

1ポンドのステーキハンバーグ タケル福島店は、お肉が好きな男性は必見、大食いの男性の方なら特に必見です!
大阪の名店が並ぶ、大阪環状線の福島駅なのですが、その駅の改札を降りたら、そこから徒歩1分ほどのところにお店があります。

なんといっても”ステーキのタケル”についてはメニューからとんでもないボリュームだなと、一目見たら分かるので非常にインパクトを放っているのですが、その中でも特にオススメのメニューをご紹介したいと思います。

大食いに自信がある方なら是非食べていただきたいのが、タケルの”特盛ステーキ丼”です。
なんと、このステーキ丼なのですが…総重量が1kgということで2人で食べてもちょうど良いぐらいの大きさです。
値段は940円で1日5食限定なのですが、量の割に合わない破格の値段なのですが、味は手抜きというわけではなく、こだわり抜いたお肉なので本当に満足いく一品となっています!

もちろん大食いじゃない方に関しても、ジューシーで柔らかいサーロインステーキや、女性の方も必見ですが、カロリー抑え目のハラミのステーキも美味しいです!
価格もファミリーレストランに+いくらか足したぐらいのお値段で、それ以上のクオリティの商品が出てくるので、毎回楽しみに僕もタケルに行っております。
是非福島にお越しの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

店名:1ポンドのステーキハンバーグ タケル福島店
住所:大阪府大阪市福島区福島5-6-11 福ビル 1F
電話:06-6457-2929

愛甲郡愛川町、ガッツリステーキの「STUMP」。

STUMPは、神奈川にあるステーキ屋です。
自然にあふれた地域で県立愛川公園や服部牧場、名物の丹沢あんぱんが有名であるが、そこにひっそりと営業している。
外観、内観ともおしゃれで、STUMPはヴィンテージ感漂う店構えである。

STUMPのおすすめの料理は、カットハラミステーキ。
毎月不定期に開催される赤字覚悟の増量際では300gまで増量しても1800円で食べることができる。 
肉はあっさり、脂身はすくないが肉質柔らかでまったく飽き秋が来ない。
300g完食しても胃もたれもなく、どの年齢層にもウケがいいだろう。

ソースがたまらない。
どの店にもないような濃い目のソース。
「グレービーソース」、「ガーリックソース」の2種類があるが、「ガーリックソース」が感動した。
ガツンとしたガーリックの香り、塩ベースでさっぱりしているようだが、ドロッとしていてとても濃厚。

やわらかいハラミステーキに絡みついていてご飯を目一杯かきこんで頬ばりたくなる味だ。
付け合せのポテトサラダと食べてもこれもまた相性がいい。
今まで食べてきたステーキ屋のソースはサラサラ系が多くここまで濃厚なソースは見たことがない。

STUMPは、価格以上の満足を味わえるお店だ。

店名:STUMP
住所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5607
電話番号:046-265-0400

大阪商業ビルのグルメ街にある行列の並ぶ洋食屋「ぶどう亭」。

ぶどう亭は大阪駅から南方面に進むと商業ビルがあり、その地下2階のグルメ街にある洋食屋です。
この店は11時から開店しているのですが、30分前から並んでいるお客さんが多く、雑誌にも載っており、口コミでも有名な洋食屋です。

ぶどう亭は洋食全般を取り扱っており、中でも『ハンバーグ&エビフライセット』1010円は絶品です。
ハンバーグもジューシーで柔らかく、エビフライはプリプリした食感があります。
またスープとごはんはお代わり自由なので、ガッツリ食べたい方はおすすめです。

他のメニューも魅力的で特に『Aセット(ハンバーグ・エビフライ・コロッケ)』910円はお得で、ぶどう亭のお客さんはこのメニューを頼む方が多かったです。
他にも『カットステーキセット』910円とお手頃価格で、ぶどう亭は全体的に値段が安いのも特徴です。

ここの店員さんはよく気が利き、開店前からメニューを配ってくれて、開店後にはすでにフォークなどの食器がスタンバイしてくれます。
またごはんがなくなると「おかわりいかがですか?」と聞いてくれ、察しの良い印象でした。今回私はハンバーグ系を頼みましたが、ステーキ系も値段が安いのでまた行きたいと思っています。

店名:ぶどう亭
住所:大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル B2F
電話:06-6341-5211

大阪市北区、大阪商業ビル地下グルメ街「グリル北斗星」。

グリル北斗星は大阪駅前ビルの地下グルメ街の中にある洋食屋の一つです。
営業時間は11時から開店ですが、この店は開店前から人が並んでいます。

グリル北斗星の看板メニューは『トルコライス』で単品で注文すると830円です。
この『トルコライス』はドライカレーの上ににフワフワの卵が乗っかっており、更にその上にポークカツが乗っていてこの価格、ボリュームがあり、食べごたえがあります。
この『トルコライス』はポークカツの他にメンチカツ、ハンバーグ、エビフライの計4種から選ぶことができ、どれも食べてみる価値有りです。

これに大盛で100円プラス、スープ・サラダ付きセット150円プラスも追加可能です。
多くの来客はほとんどこの『トルコライス』を注文することが多いですが、その他の洋食もリーズナブルな値段です。
例でいうと『ハンバーグセット』『キーマカレー』などがあります。

このグリル北斗星の接客も良いほうだと思います。
来店した時に元気よく挨拶してくれました、とても印象が良かったです。
このグリル北斗星は地下グルメ街の中でも人気店の一つですので、開店前から待つことをおすすめします。
席数も25席と少なめですので、あっという間に満席になります。

店名:グリル北斗星
住所:大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB1F
電話:06-6341-7758

名古屋市中川区、サラダバーがお得な「ブロンコビリー昭和橋店」。

ブロンコビリー昭和橋店のオススメの所を紹介したいと思います。
始めにブロンコビリーに行ったら、絶対にサラダバーは付けて下さい。
大体のメニューにサラダバーは付いてます。

ブロンコビリーのサラダバーは新鮮です。
そして、種類も豊富にありますので、色々な組み合わせのサラダを食べる事が出来ますので良いですよ。
そして、ドレッシングの種類も4種類程有りますので、味も変えて楽しめます。

次に主食の方のオススメになりますが、一つ目はがんこハンバーグです。
こちらはブロンコビリーのブランドハンバーグみたいなものですが、鉄板で熱々の肉汁ジューシーでとても美味しいですよ。
そして、もう一つのオススメは、炭焼きローストサーロインステーキです。

とても美味しいですよ、
こちらは、あっさり食べたい方にオススメです。
ジューシーにも関わらず、柔らかくて味もしっかりしていて良いですよ。

最後にお値段は正直そこら辺のお店に比べると少しお高くなります。
ですので、行って見たいけど値段がなと思った方は、夜ではなく、昼のランチがやってますのでランチに行くのがオススメです。
サラダバーを付けても、夜の半分ぐらいのお値段で食べる事が出来ます。
大体夜が平均予算2000円、昼が1100円ぐらいです。

店名:ブロンコビリー昭和橋店
住所:名古屋市中川区昭和橋通6-19
電話:052-382-6227

池袋にある絶品とろーりオムライス専門店「神田たまごけん」。

池袋のサンシャイン60通りの路地に入ったところにあるオムライス専門店、神田たまごけん。
15席ほどの狭い店内はお昼時になるとすぐ満員になります。
サラリーマンだけでなく、カップルや家族連れでにぎわう超繁盛店です。

まず、神田たまごけんの店内に入ると、左手には食券販売機があり、そこで食券を購入します。
オムライス専門店ということもあり、様々なオムライスの種類があります。
神田たまごけんでは、12種類の通常メニューに加え、期間限定のメニューもあり、常時13~14種類のオムライスから選ぶことができます。
ちなみに2017年3月~5月の期間限定メニューは明太子クリームオムライス(850円)でした。

たくさんあるオムライスのうち一番のおすすめは、『トマトハヤシチーズオムライス(890円)』。
酸味のきいたすっきりとした味わいのトマトソースと、三日間煮込んだ濃厚なデミグラスソースが半分ずつかかっているものにチーズが入っているというなんとも贅沢な一品です。
トロトロのたまごが本当においしくて女子にはたまりません!

トマトソースの部分だけ食べるもよし。デミグラスソースの部分だけ食べるもよし。
トマトソースの部分とデミグラスソースの部分を同時に食べるもよし。一皿で三種類の食べ方ができちゃいます!!
 
さらに神田たまごけんでは、卓上に自家製スイートピクルスがおいてあり、食べ放題となっています。
キュウリ・タマネギ・赤パプリカ・黄パプリカがはいっており、とてもカラフルです。
「カレーといえば福神漬け」とよく言われますが、「オムライスといえばスイートピクルス」という感覚でオムライスと一緒に食べてみてください。
意外に合って癖になります。

店員さんは二人のことが多く忙しいはずなのですが、どちらの店員さんも明るくはつらつとしていて手際がいいので、まったく不快になりません!
とろーりオムライスが食べたくなったらぜひ神田たまごけんに足を運んでみてください。

店名:神田たまごけん池袋店
住所:東京都豊島区東池袋1-23-8 ISKビル102
電話:03-5992-6360

手頃な価格なのに十分満足できる、市原市「田中屋レストラン」のランチ。

市原市で食事をするなら、田中屋レストランをおすすめします。
始めて行かれる方は手軽な値段で食べられるランチがいいと思います。
田中屋レストランのランチメニューは、AランチとBランチがあり、どちらも1000円で食べることができます。

Aランチはステーキ、Bランチはハンバーグとプラスα。
そのどちらかを選びます。
私はどちらも食べたことがあるのですが、両方とも満足しました。

田中屋レストランのステーキはしっかりとした噛みごたえのあるお肉で、噛むごとに旨味が出てきます。
ハンバーグのはナイフを入れると肉汁が出てきて、食べてみると柔らかくジューシーでした。

量的には程よい量と言いましょうか、特にボリュームがあるという印象はありません。
食べ過ぎて苦しいなんてこともなく、しっかり満腹感がありました。

ただひとつ問題なのは、ランチタイムは田中屋レストランの店内が混むことです。
開店前にも関わらず、お客さんが数人並んでいました。

ただそれでも、席に座れる人数ですので、確実に早く食べたい人は、開店に合わせて行ったほうがいいと思います。
お昼の時間に近づくとお客さんさんはどんどん増えていきます。

しかし、お店の人がてきぱきと動き、効率よく回転している様子でした。
お店の人の接客態度も特に問題なく、気持ちよく食事することができて、とても満足できるお店でした。

店名:田中屋レストラン
住所:千葉県市原市五井2006-1
電話:0436-25-3544