「和食」カテゴリーアーカイブ

丸元、大阪難波の値段も手ごろなすっぽんコース

大阪ですっぽん料理が手ごろな値段で食べられるお店として有名な丸元は、地下鉄なんば駅から5分ほど歩いたところの路地裏にあります。

こちらの丸元でのおすすめは、何といっても5000円(税別)という安い値段で食べられるすっぽんコースです。
すっぽんコースはつき出しから始まって、すっぽんの血、湯引き、刺身、鍋、雑炊までが含まれており、鍋と雑炊は1人2杯まで食べられるため男性でも満腹になる量のすっぽんを堪能することができます。

すっぽんの血は赤ワインかリンゴジュースで割ることができるので、アルコールが苦手な人でも安心ですし、生臭さも一切ありません。
すっぽん鍋は優しい出汁ですが、好みで一味唐辛子とガーリックパウダーを追加することができるため、味に変化をつけながら最後まで飽きずに食べることができます。

刺身は卵や肝、胆嚢などがあり、海苔にのせて上からあじ塩を少し振っていただくと、素材の甘味が活かされ美味しいです。
最後の雑炊は白米と玄米がミックスされており、ところどころで感じる玄米のプチプチした食感がいいアクセントになっていました。

丸元では、着物を着た少し年配の女性が接客してくれましたが、こちらからわざわざ呼ばなくても、食べ終わったころを見計らっておかわりを持ってきてくれ、とても気が利く方でした。
そのおかげで最後まで気持ちよく食べることができました。

店名:丸元
住所:大阪府大阪市中央区千日前1-9-9
電話:06-6211-2298

おさかな処 かね吉、JR横須賀線の西大井にある魚の名店

店名:おさかな処 かね吉
住所:東京都品川区二葉3-28-3
電話:03-5751-2066

西大井は横須賀線で品川駅から一駅、湘南新宿ラインで大崎から一駅です。
地味な住宅街ですので、わざわざ降りる人は多くないかもしれませんが、そんな街に魚の名店があります。
駅から少々歩いた、あまり賑やかではない商店街の一角にある「おさかな処 かね吉」です。

全国各地のおいしい魚が食べられるかね吉は、魚好きの人なら絶対に気に入るでしょう。
かね吉は、お酒も飲めますが、居酒屋ではありませんし、お酒の種類も多くありません。
あくまでも魚の食堂で、肉のメニューなど一切ありませんから、魚嫌いの人は口に入れるものがほとんどありません。

かね吉の壁一面に、お品書きと産地が記してあります。
例えば、北陸直送ののどぐろです。
珍しい魚も、時期によりたくさん入荷します。

お昼は定食屋さんですが、そちらのほうが、かね吉の本来の姿なのかもしれません。
焼き魚、煮魚の定食のほか、フライ定食もおいしいです。
大きなエビフライにはびっくり。

かね吉は、どんぶりも多くの種類があります。
お座敷、それからカウンターもありますので、団体にもお勧めですし、おひとりでもくつろげます。
目の前をバスが走っていますので、大井町に宿泊する出張の方もぜひどうぞ。

鳥開 総本家 土岐プレミアムアウトレット店の特選親子丼!

店名:鳥開 総本家 土岐プレミアムアウトレット店
住所:岐阜県土岐市土岐ヶ丘1‐2 土岐プレミアムアウトレット フードコート内
電話:0572‐26‐8799

鳥開は名古屋の鳥料理のお店です。
店舗は愛知県内に約10店舗、埼玉県に1店舗、そしてこのお店が岐阜県に1店舗あります。

鳥開 総本家 土岐プレミアムアウトレット店は、フードコートいうことでメニューがわかりやすく、親子丼三種類と唐揚げ定食とチキン南蛮定食、そして手羽先が主なメニューとなります。
鳥開のおすすめは特選名古屋コーチンの親子丼です。

親子丼にはブランドでない普通の鶏を使用した親子丼と、お肉のみに名古屋コーチンを使用した名古屋コーチン親子丼、そして親子と卵どちらも名古屋コーチンを使用したこの特選名古屋コーチン親子丼があります。
やっぱり名古屋コーチンは普通の鳥と違い、コリコリとした触感でうまみが強いです。
そして名古屋コーチンの卵は味が濃いです。

やっぱりお値段は高くなってしまいますが、どうせ食べるなら、鳥開の最上級の親子丼がおすすめです。
この特選の親子丼だけは金のどんぶりに入れてもらえるので周りからも一目置いてもらえます。
値段は普通の親子丼が800円程度、名古屋コーチンの親子丼が1200円程度、特選の親子丼が1400円程度です。

また、最近では手羽先が全国メディア出演して話題を呼んでいます。
名古屋コーチンを使った手羽先は弾力があって、味付けもまた濃いめでお酒がとてもすすむ絶品です。
鳥開のお店の方は、いつも食器を返す時にありがとうございますと大きな声で言ってくださり、気持ち良い気分になります。