「和食」カテゴリーアーカイブ

高知県高知市にある土佐料理司は老舗で誰でも知っている店

店名:土佐料理司
住所:高知県高知市はりまや町1-2-15
電話:088-873-4351

土佐料理司は、高知県人なら必ず知っている店です。
高知市を代表する高知の料理を堪能できる店なのです。

土佐料理司は、県外にも出している店なので、県外で住んでいる人はそこを利用したことがあるかもしれません。

高知市に古くからある店なので、死にでという風格のある佇まいとなっています。
入るところから日本建築でしっかりとした作りで中に入っても、和風の部屋でじっくりくつろぐことができます。

土佐料理司は、ランチでも利用することができるし、夜の宴会でもたっぷりと収容することができるので、土佐料理を食べたいと思う時には使う人が多いです。
もちろん、皿鉢料理も出してもらうことができます。

そしてなんといっても美味しいのは、やっぱりかつおですね。
かつおはかつおのたたきが有名なのですが、土佐料理司では、かつおの刺身を食べることをおすすめします。

新鮮なかつおを豪快にさばいて新鮮なまま出してもらうことができるので、それを食べると忘れることができない味となっています。
もっちりとしてこれがかつおと思うほど、とても美味しいです。
新鮮なかつおを食べたいときには、やっぱり土佐料理司がいいですね。

吉祥寺駅で家族で夕食を食べるならしゃぶしゃぶ温野菜が便利

吉祥寺で家族で外食できるお店があるのはうれしいです。
駅から程近いところにお肉が美味しく食べられる、しゃぶしゃぶ温野菜をチャレンジです。

しゃぶしゃぶ温野菜は、店内のメニューがとてもシンプルで大枠からメニューを選べます。

まずは、食べ放題とセットとアラカルトから、セットでは、出汁とシメとデザートも選択して好きなように食べることができます。
とはいえ、しゃぶしゃぶ温野菜のテーブル席は狭いので、効率的にお皿を減らしたいと考えてしまいます。

ちなみに、お出しは追加できますし火加減もテーブルに備え付けのやつでできます。
月見だしには卵がついてきたりと自分でちょっとした料理も作れます。
たれは、ポン酢とゴマだれの2種類があります。

野菜はたっぷりもらえますので、最後までバランスよくお肉と食べると最後まで胃もたれせずに、満腹感に満たされるんじゃないかなと思います。
はじめ豚から堪能して、お肉のグレードあがると脂身も多くなる気がします。

お子さん連れなら食べられる量が少ないということで、子供割引があるため、はじめに年齢を店員さんから聞かれます。
子供ってなんかお得ですよね。

しゃぶしゃぶ温野菜は、夕方から営業しているので夕食におすすめです。

店名:しゃぶしゃぶ温野菜 吉祥寺店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-15 ホワイトハウスビル3F
電話:0422-29-7829

横浜市の金沢文庫にあるココスは大きいサバの味噌煮が魅力

店名:ココス金沢文庫店
住所:神奈川県横浜市金沢区谷津町35VICSビル内
電話:045-780-1385

ココス金沢文庫店では、和風のメニューも種類が豊富になっていて、そういった中にも注目してしまうものがあるのです。
例えば、サバ味噌煮膳は、ココスの和風の料理の中でも特筆すべき存在と言えると思います。

サバの味噌煮を中心とした定食のようなメニューで、サバの味噌煮以外ではご飯、味噌汁、サラダなどがついています。
だから、量としても十分ではないか?と思いますけど、この料理の中で中心と言えるのはサバの味噌煮になります。

サバの味噌煮が際立って大きく感じられるのが、このメニューの特徴です。
大きいというか、長いという表現の方がしっくりくるかもしれないですけど、サバ自体大きいものを使っているのかな?という感じがします。

だから、初めて注文して、実際に目の前に現れたときにはちょっとびっくりするかもしれません。
値段の割には立派なサバじゃない?という感覚になれると思いますし、値段の割に大きければお得な感覚も芽生えるでしょう。

サバがそこそこ大きいにもかかわらず、値段は690円なので、注文することが気軽にしやすい値段設定であり、そこも魅力の1つだと思います。

極上絶品のお魚が食べたくなったら東銀座いしだや

店名:いしだや
住所:東京都中央区銀座3丁目13-2 登栄東銀座ビル地下1階
電話:03-6228-4793

いしだや最寄り駅は、東銀座駅。
東銀座には美味しいお店が多いんですよね。
ディープで好きな街です。

こちら、いしだやさんもまた、美味しいお魚がいただける名店。
白い提灯が見えたら地下におります。

いしだや店内へはお靴を脱いで入りますので、いろいろと注意が必要です。
いろいろとね。

お席はカウンター席とテーブル席があります。
いしだやランチメニューは、お魚オンリー。
その日の仕入れによって、毎日ランチメニューは変わります。

ある時は銀ダラ。
またある時はカレイ。
またある時はムツ・・・毎日3~5種類のランチメニューが登場します。

が、噂によるとランチはお休みの日もあるようで、ランチ営業は毎日されているわけではないようなので要注意ですね。

また、遅い時間になるとランチメニューが品切れになるので、これにも注意です。
メインの煮魚に小鉢、お漬け物、お味噌汁、ご飯はおかわり無料でだいたい1500円くらいまで。

優しい煮魚の味付けはご飯が進みます。
また、いしだやのご飯は羽釜で炊き上げた絶品ご飯なんですの。

あっ、最後に出てくるスイーツも美味しいです!
デザートまで付いてこのクオリティ。

コスパはとてもいいと思います。
いしだや、お気に入りのお店です。

山口県周防大島の和食店、お侍茶屋 彦左衛門 大島本店

山口県にある周防大島によくドライブに行きます。
その際に必ず寄るのが、「お侍茶屋 彦左衛門 大島本店」です。
お侍茶屋 彦左衛門は、周防大島以外に光町店もあります。

周防大島に入る橋を渡って、車で20分ほど走ったところにあります。
大きい看板がいくつかあるのでわかりやすいですが、お店自体は道沿いから少し隠れているので、通り過ぎないように注意が必要です。
お侍茶屋 彦左衛門の駐車場は、お店の裏に10台近くあります。

昔ながらの一軒家になっていて、夜になると雰囲気のある照明が灯ります。
お侍茶屋 彦左衛門の店内も木造の造りになっていて、美味しい料理が食べれそうな雰囲気です。
週末はファミリーやカップルが多く、少し待つ時もあるくらいです。

メニューは豊富でいつも迷ってしまいますが、お侍茶屋 彦左衛門オススメは釜飯御膳かお刺身定食です。
小鉢もたくさんついていて、美味しいだけでなく、お得です。
その他にもお刺身もオススメになっていますし、天ぷらや煮魚などの一品料理もあります。

名物のいりこそばや、ローストビーフとカレーが一緒になった「男飯」も人気です。
男飯を食べられている男性をよく見かけます。

お侍茶屋 彦左衛門の店内には、いけすもあり、夏には岩牡蠣やサザエがいました。
周防大島にドライブのついでに、お侍茶屋に寄ってみて下さい。
ゆっくりでき、充実した1日になると思いますよ。

店名:お侍茶屋 彦左衛門 大島本店
住所:山口県大島郡周防大島町土居1094-1
電話:0820-73-1511

川十、三重県伊勢市で老舗の有名うなぎ料理店

店名:川十
住所:三重県伊勢日津村町1219-4
電話:0120-286-006

三重県伊勢市で有名なうなぎ料理店ある川十は、10年ほど前にこの津村町に移転してきました。
外装も駐車場も以前のお店よりも広くとり、ゆったりとした空間で、うなぎ料理を味わえるお店であると思います。

川十お薦めの料理は、何といってもうなぎ料理で、うな重でも、うな丼ぶりでも他のお店とは違って、とても柔らかくおいしいと感じられます。
その他、メニューの中にエビフライ定食もありますが、このエビフライ定食もボリュームがあり、子供では、一人前を食べきれないほどであります。

気になる川十の価格でありますが、うな重、うな丼ぶりでも、一人、2000円の予算でもあれば充分であると思います。
この価格なら、一般人には、普通の価格で、手の届かない料金ではないです。
うなぎの価格が高騰している割には、料金据え置きのお店であると思います。

川十は、接客もとても親切で、田舎の人間らしく、何でも質問に答えてくれます。
窓からの景色も田舎の風情が味わえるところであります。

川十の交通アクセスとしましては、名古屋方面からですと、高速の伊勢自動車道を玉城ICで降りまして、一路、南へサニー道路を走りまして、宮川を渡り、最初の信号を左に曲がりますと、そこから3キロ程で、目的地に着きます。

めしの助、名古屋で新鮮な海鮮丼を食べるならここ!

名古屋駅すぐそばにある「めしの助」。
めしの助は、朝から豪華な海鮮丼が食べられることで有名な超人気店です。

平日でもお昼が近づくと行列ができてしまうほどのお店ですが、11時頃までなら比較的空いているため並ぶことなく入店できるので、行くなら断然朝がおすすめです。
(つい最近までは朝7時から営業されていましたが、しばらくの間朝ごはんは休止になったそうです。)

めしの助一番の看板メニューの海鮮丼は、お刺身だけでなく卵黄(これがまたとっても濃厚で美味しいんです。)も特製のタレに漬けこまれていて、本当に美味しく、一度食べたらやみつきになります。
小鉢もついてくるのですが、これも絶品。

めしの助の店内は、こぢんまりとしていますが清潔感があってお洒落な雰囲気なので、デートなんかにもぴったりです。
店内入ってすぐにカウンターがあり、観光客なのか女性のおひとり様も多いイメージです。

奥は隠れ家風のお座敷で、掘りごたつになっていますが、めしの助は結構狭いので団体で行くには事前の問い合わせがベターかと思います。
いつも愛想の良い店員さんが出迎えてくれ、名古屋に旅行に行く方には是非オススメしたいお店です。

店名:めしの助
住所:愛知県名古屋市中村区名駅2-36-5
電話:052-446-7537