京成金町の特別感のあるトンカツ屋「喝」で記念日に乾杯!

喝は、千代田線直通の常磐線金町駅から徒歩およそ5分。
通り過ぎてしまいそうな目立たない看板がちょこっと出ているので、よく気を付けて歩かなければならない。
喝の店内は完全禁煙、木の温もりが感じられる広々とした和風の空間で、動画が流れるモニターが壁にかけられ、ゆったりとしたテーブル席が配置されている。

喝のメニューは自慢のトンカツ定食と数々の日本酒、自家製の豆腐などが中心だ。
トンカツは、ご飯味噌汁付きのヒレかつ定食が1800円、ロースかつ定食が1700円。
「とろろ」や「おろし」のついた定食が他に2000円まであり、単品のカツもある。

注目すべきはトンカツを浸すタレが4種類あり、「カチュンバ」という珍しいつけダレは、白醤油ベースに大根おろし、刻んだパプリカとキュウリが入り、酸味と辛さのエスニック風とのこと。
トンカツは注文してから出てくるまで少々時間がかかるが、それだけの価値はある。
衣はサクサク、中はジューシー、肉厚で大満足の味だ。

お酒が豊富なのも喝の自慢らしい。
喝の店主は一見頑固そうだが、客の質問には丁寧に説明をしてくれる。
記念日にグラスワインを傾けながら、あるいは日本の名酒の杯をかわしながら、親しい人とひとときを過ごすのにぴったりの店だ。

ちなみに平日は11時から13時半にヒレ1500円、ロース1300円のランチもあり、大盛りや麦飯が無料になる。
一度ランチで味調べをして、本番に備えるのも悪くない。

店名:喝
住所:東京都葛飾区東金町1-11-3 伴ビル2階
電話:03-3608-7141